缶バッチ

Topics

缶バッチ制作につながる作業

子供の頃にもらった缶バッチには、好きなキャラクターが反映されていたものです。帽子やTシャツにつけるなどして、自慢した時期が懐かしく思う人もいます。この缶バッチは制作するときには、主にプレス機に似…

オリジナルの缶バッチを作りたい!

街に出るとカバンに缶バッチをつけている人をたくさん見かけます。アニメ・アイドル等々の缶バッチをたくさんつけている若い人をよく見ると、デザインもサイズも豊富なのがよくわかります。でもみんな似たもの…

自分で作ってみよう!缶バッチ!

缶バッチを手作りできるの?と思われる方もいらっしゃると思います。私も自分で作れるものだと思わず、児童館で行われる缶バッジ作りに申し込んで作ってもらっていました。ですが、自分で作れることに気づき、…

自分で作ってみよう!缶バッチ!

缶バッチを手作りできるの?と思われる方もいらっしゃると思います。私も自分で作れるものだと思わず、児童館で行われる缶バッジ作りに申し込んで作ってもらっていました。ですが、自分で作れることに気づき、自作するようにしました。その自作の方法は、100円ショップでも売られているくるみぼたんのセットと安全ピンを用意するだけです。あとは、バッジにしたいイラストが書かれた紙や写真を用意するだけです。
写真の場合、しっかりした写真用紙ですとシワがひどくなるので、できるだけ薄い写真用紙のものが良いと思います。あとは、くるみぼたんを紙できれいにおおって後ろをとめて、安全ピンをとおすだけです。正直、この方法はある程度の器用さがないと「難しいかな」とも思います。実際、私自身は手先が不器用なのできれいな缶バッジを作成するのに時間がかかってしまいました。
そんな私が見つけたのは、3,000円前後で売られている缶バッジ作成キットです。小学生以上であれば子供でも作れますので、親子で楽しむことができます。お気に入りのイラストを切り抜いてしてオリジナル缶バッジを作っています。誤算だったのは、市販の缶バッジ作成キットも写真での作成は薄い紙が良いということでした。なので「どうしてもこの写真の缶バッジが欲しい」と思う時は児童館へ行きますが、イラストでオリジナルの缶バッジ作成を楽しんでいます。

オリジナル缶バッチを制作して友達に贈ろう

お祭りやフェスティバルで大人気の缶バッチを自分で制作できることは知っているでしょうか。 缶バッチメーカーなるものがおもちゃ屋さんや、大型家電量販店などで3000円強から販売されています。 制作できる缶バッチのサイズはさまざまありますが、 直径3センチほどの缶バッチが制作できる缶バッチメーカーが、ちょうど良いサイズとして人気が高いようです。 オリジナル缶バッチを作ることの楽しみは、自分…

More Details

NEW POST

2017年08月10日
オリジナル缶バッチを制作して友達に贈ろうを更新しました。
2017年08月10日
自分で作ってみよう!缶バッチ!を更新しました。
2017年08月10日
オリジナルの缶バッチを作りたい!を更新しました。
2017年08月10日
缶バッチ制作につながる作業を更新しました。
TOP